パイ日和・おまけ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンブラン (1) 『ティーコンフェクト(焼菓子6種)』『レーズンサンド』

<<   作成日時 : 2013/05/30 21:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

風薫る五月、今月は “東京のパティスリー&ブーランジュリーの駆け足紹介月間” といたします。

              * * * * *

目黒区自由ヶ丘の駅前にある、1933年創業の老舗洋菓子店「モンブラン」。
パティスリーなどと肩書きが付かないところがゆかしいですね。東郷青児による美人画のキャラクターとともに、その令名は関西にまで聞こえています。
気になるお菓子はいくつもあったのですが、今回は有名な『ティーコンフェクト』と、もう1点にしぼってみました。いずれも可憐で、大切にいただきたいお菓子でした。
(※担当はイワモト)


●『ティーコンフェクト』(6種類各1個入)画像

わっ可愛い。ファンシシーグッズのような姿ですね。

解説書のようなものが用意されているのですが、そこに書かれているコピーが
“酪農の香り、心のやすらぎ”。

ふむ、たしかに、北海道バターを使っているとのことですから、酪農なのかもしれませんね。
バターの香り豊かなクッキーシリーズです。







▼『スリーズ』 径4.3〜5cm 厚み0.9cmほど。
画像
クッキー生地のベースは小麦粉、バター、砂糖、卵、塩というオーソドックスなもの。
リーフレットによると、全体にアーモンドプードルをまぶして焼き上げ、とあります。
真ん中に赤いチェリー。懐かしい雰囲気満載だぁ。
しっとり、サックリした生地がまずもって魅力的。ふふっ“酪農”がしっかり香ってる。かすかな塩気が満足感を高めていますね。
飽きないレベルの美味しさで品がいい。


▼『グラズール』 径4.9cm 厚み1.4cmほど。
画像
フォンダンのくるくる模様がキュート。
イチゴのジャムがサンドされています。
生地はアーモンドプードル入り。アーモンドの風味が一段と美味しいですね。かすかなイチゴの甘みも。
生地の塩気、フォンダンの甘み、イチゴのかすかな酸味、いずれもほのかなレベルでのバランスの良さが光ります。



▼『カゼル』 径4.6cm 厚み1.4cmほど。
画像
色鮮やかなクッキー。
レモン風味のクッキーでプラリネクリームをサンド。
レモンは、食べてもほとんど分からないレベル。おそらく後口のサッパリ感に寄与したりしているのでしょう。
ヘーゼルとアーモンドのプラリネも強過ぎない風味と甘みで、優しいけれど奥行きのある美味しさを作り出しています。



▼『ハルリン』 6.4×3cm 厚み1.5cmほど。
画像
ヘーゼルナッツの生地に粉糖というシンプルなお菓子。
星形の口金でしぼっているだけのことですが、形の違いが食感の違いを生み出しています。崩れるようなサックリ感。
甘さが控えめで、意識が自然に香りに向かいます。
もちろんヘーゼルの香りがメインなのですが、陰からヴァニラもそっと香って、気持ちがほころびますね。いいなぁ。



▼『ショコラ』 径4.4cm 厚み1.6cmほど。
画像
クッキーでプラリネクリームをサンドして、上にチョコレート掛け。
『カゼル』と同じプラリネクリームのようなのですが、こちらの方がやや濃厚に感じられます。
チョコレートとの相乗効果なのでしょうか。
生地のサクサク感があるからこそ、クリームの滑らかさがいきているのでしょうね。




▼『ショック』 径4.5cm 厚み1.7cmほど。
画像
星形でしぼったチョコレートクッキーでプラリネをサンドしています。クッキリ形が残るように卵白でコシを出していますね。
わっ、チョコがよく香ります。おかげでプラリネクリームは顔色なし。
でも、おそらくこれがヴァニラクリームだったら物足りなくなるのでしょう。前面に出ない効果というものがありますからね。









●『レーズンサンド』 4.2×8cm 厚み1.7cm 50gほど。
画像
表だけ格子模様。それだけのことなのに、目を惹きます。

この生地がアーモンドとヘーゼルのプードル入り。コクのある味わい。単独で食べても美味しいものです。
サンドされているのが、少なめのバタークリームとラム酒漬けのレーズン(9〜11粒)。

ラム酒がよく利いていて、生地の味わいの強さに対抗できるレベル。かすかな塩気も全体をクッキリさせることに、力があるようです。
独自の味わいでいいですね。




画像期待を裏切りませんねぇ。
かわいさにメロメロ。おまけに味がいいのですから、言うことなし。
子供の頃から食べつけていたら、誰が何と言っても、ここのが一番! になったような気がします。

クッキーは家庭の主婦が焼くようなものですから、何がオリジナルというような詮索が無意味な世界ですが、ここ「モンブラン」のクッキーは、本当によく考えられ、一つひとつのクッキーに適したレシピで丁寧に焼かれています。
洗練されているのですが、それが鼻につかないレベルに抑えられていて、どこか人懐っこい可愛さなのが魅力です。

少しお高いような気もしましたが、お気に入りの紅茶でも淹れて、写真集でも眺めながらゆったり愉しみたいものです。



●『ティーコンフェクト』1100円(6個・プラスティックケース入)  『レーズンサンド』510円(3個入)

●「モンブラン」
 東京都目黒区自由ヶ丘1-29-3  TEL03-3723-1181  定休日/無休

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

モンブラン (1) 『ティーコンフェクト(焼菓子6種)』『レーズンサンド』 パイ日和・おまけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる