パイ日和・おまけ

アクセスカウンタ

zoom RSS フィル(3) 『イチゴのショートケーキ』

<<   作成日時 : 2016/12/20 21:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県西宮市、阪神・甲子園駅から南に6、7分のところにある「パティスリー フィル」さん。津田夫妻のお店です。
奥様の裕美さんは「アンリシャルパンティエ」の発注部門にいて、納品されたイチゴの官能検査も担当していました。
津田シェフ曰く“苺マイスター”。1日に生産者ごとに何十個と食べては糖度計で測定し、というように自身の味覚と、機械的に測定した数値の両方で長年管理していました。その体験から、食べれば糖度も正確に判定できるほどなのだそうです。ご自身は謙遜されますが。
イチゴショートに定評のあるアンリでの経験を糧に、より以上に美味しいショートケーキを目指しているとのこと。
裕美さんの一番のお気に入り“さぬき姫”がいよいよ入荷しはじめましたので、ついに待ちに待ったショートケーキの登場です。


●『イチゴのショートケーキ』  辺9cm 本体高さ4.5cmほど。
画像
赤と白と黄色、愛らしい姿のショートケーキ。

なかでも、さぬき姫、なんとも美しい赤!
ほとんどのイチゴがどこか黒ずんだり、逆に白っぽかったりする赤なのですが、明るい赤、燃える赤。
ですが火傷をするような熱さではなく、周りに人を惹き付ける温かな赤なのです。しかも果肉もかなり赤みを帯びています。

生クリームは、アンリではタカナシ乳業にオリジナルブレンドのものを特注していたとか。こちらは同じタカナシながら、自分でいろいろブレンドして乳脂肪40.5%とのこと。甘味はやや控えめ。
ジェノワーズも甘味を控え、しっかり立てて、生地感を強く押し出しています。シロップのアンビベもなしなのに、ほどよくしっとりなのは蜂蜜のおかげ。

ふっ、ふふふっふぅぅ〜、優しいなぁ。思わず、にんまり。
甘味を抑えているからですね。いや、生地はしっかりと味わい深い。
生クリームの口溶けが良く、淡いクリーム色のベースにさぬき姫の酸味がピンク色に広がって行くようなイメージ。酸味も鋭いものではなく、甘味を伴った円やかさがあり、ケーキ全体がスルッと溶けて行く優しさの中に同化するのです。いやあ、見事なバランスですねぇ。

待ちに待った甲斐? えぇえぇ十分にありましたとも!!



●『イチゴのショートケーキ』390円  (※外税)

●「パティスリー フィル」
  兵庫県西宮市甲子園九番町3-25  TEL0798-81-3785  定休日/水曜・火曜不定休  営業時間/10:00〜20:00
  ※ブログ「パイ日和」では、こちらのタルトをご紹介しています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

フィル(3) 『イチゴのショートケーキ』 パイ日和・おまけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる