パイ日和・おまけ

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治/100%チョコレートカフェ(2) 『56Chocolates』

<<   作成日時 : 2017/02/11 18:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お馴染みお菓子の Meiji ですが、このテイスティングチョコレートのシリーズは重宝します。
シングルビーンズだけで22種類、全56種類も取り揃えてくれているのですから。以前にも紹介したことがありますから、今回はより簡略に。


●『56Chocolates』  4.7×4.7cm 厚み0.5cm 14gほど。
画像
【No.1  コートジボワール】
小豆の香りがすると聞いて、わっ面白い! とつい乗ってしまいました。
落ち着いて味わってみると、たしかに小豆の風味が感じられます。
が、次第にピーナッツの香りが勝って行きますね。それもピーナッツバターやよく煎ったものではなく、生ピーナッツ。
美味しいか、というとちょっと首を捻る部分があるかも。やはり面白いチョコレートと云うべきでしょう。

【No.56  カカオ95】
シングルビーンズの他に、砂糖のヴァリエーション、ミルクのヴァリエーション、日本風味、ヨーロッパ風味、とあって、最後に“カカオの歴史”というジャンルの中の1品です。
95%に興味があった訳ではなく、No.1を買ったので最後のNo.56も選んでみた、という軽い遊び心。
いかにもチョコレートらしいチョコレートというイメージで、カカオのパーセンテージが上がれば苦くなるよ、という見本のようなもの。シンプルに勉強になりますなぁ。



画像入門シリーズとしてとても分かりやすく、いい企画です。

これが1枚100円だったら、全種類5600円払う値打ちがあるでしょう。ここを入り口として、マニアックな世界へ。
そういう戦略商品だと思うのですけどね。

それと何年か前のカタログ(コンパクトによくまとまっています)と比較してみると、同じ56種の数は変わらないのですが、中身の異同があります。
とくにシングルビーンズに関しては、農産物だけに安定供給が難しいものもあるでしょう。そういうものは欠番にして、レジェンドとして伝えて行ってもいいのではないかとも感じました。今は無くなったエルレイ社のようにね。

私たちのように時間をかけて、いずれ制覇をとのんびり構えている人もいるでしょうから、ご一考いただきたいな。
ふふっ、“ブルジョワジーの秘かな愉しみ”、じゃなかった…えーと“カタログ派の秘かな愉しみ”奪わないでくださいよぉ!




●『56Chocolates』220円  (※内税)     ハワイ・チュアオ・バリの3種だけは320円

●「100%チョコレートカフェ/明治」(京橋本店)
  東京都中央区京橋2-4-16明治京橋ビル1F  TEL03-3273-3184  定休日/無休  営業時間/8:00〜20:00 (平日) 11:00〜19:00(土日祝)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

明治/100%チョコレートカフェ(2) 『56Chocolates』 パイ日和・おまけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる