パイ日和・おまけ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年3月オープンの新店! パティスリー ウサギ(1)『モワルーショコラ』『ムラングシャンティ…

<<   作成日時 : 2017/04/26 21:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県伊丹市、阪急伊丹線・伊丹駅の駅ビルから2分もかからないような好立地にオープンしたのが「パティスリー ウサギ usagui 」さん。まだ31歳と若い村西理沙さんのお店です。
若いとはいえ、フランス滞在7年のキャリアで、じっくりと鍛え上げてきた腕に秘めたものは計り知れません。飾らず落ち着いた対応にも自信のほどが伺えるのでした。


●『モワルーショコラ』  径5.8cm 高さ2.3cm 80gほど。
画像
中に別種のガナッシュを仕込むのではなく、全体を一つの生地にして、半生焼きにするパターン。
レンジで10〜20秒温めると、切り口からトローリと生地が流れ出します。

カカオ分71%のビターなチョコレートを使っているので、香りもコクも豊か。

おそらく高温で表面だけ焼き固めているのでしょうが、ありがちなパサパサ感がなく、しっとりとした食感。余計に中のトローリ感が活きようというものです。

お濃茶のチョコレート版のような独特の口溶けが、満足感を高めてくれますね。




●『ムラングシャンティ ヌガー風味』  径7.5cm 高さ5.5cm 60gほど。
画像
ムラングシャンティと名乗っていますが、大きなメレンゲでクレームシャンティを挟むだけのものではありません。
プロヴァンスの名物菓子ヌガーグラッセを合体させています。

メレンゲの乾燥焼は底の小さな器のみ。サクサクの食感が冴えていて、小さいのに存在感たっぷり。
中にセミドライのアプリコットとヘーゼルとアーモンドのヌガティン、ピスタチオ入りのクリームが。
上に味わい豊かなシャンティをたっぷり絞ってピスタチオをパラリ。

香りに食感、ほんのり酸味も加わり、甘いだけの大きなお菓子というイメージを心地よく覆してくれます。
ヌガーグラッセも元々甘いお菓子なので、合体しても大甘であることに変わりはないのですが、パステル調の軽い変化が加わったことで、とても活き活きとしたお菓子に生まれ変わっています。ナッツの芳ばしさと食感の刺激も印象的です。
シャンティのコクの深さと同時に、その軽やかな口当たりも見逃せませんね。

ヌガーグラッセよりも軽快で繊細。両方のいいところを取り上げつつ、新しい領域に踏み込んでいると云えるでしょう。
この若さでこの創作力には舌を巻きます。お見事!!




●『ムスコバドのフィナンシェ』 4.3×8.5cm 厚み1.6cm 40gほど。
画像
昨年の暮に東京の「ラヴィエイユフランス」さんの『ギャレット ムスコバド』をご紹介した時にお知らせしたように、フィリピンの黒砂糖の名前が“ムスコバド”。

村西シェフはフランス時代にも作っていたそうで、フランスでは有名な砂糖なのかもしれませんね。

普通、フィナンシェは焦がしバターとアーモンドのお菓子だと捉えているのですが、コクがあって個性の強いムスコバドと蜂蜜もたっぷり加わっているので、アーモンドの影がやや弱くなっていますね。

が、しかーし。
焦がしバターの香りはたっぷりしているし、しっとり、じっとり、ねっとりとした食感はじつに独特。新たな美味しさを強く主張しています。

ふふっ“フィナンシェであってフィナンシェではない”、新しいお菓子と認識した方がスッキリ、美味しさが腑に落ちます。




●『サブレ・スペキュロス』  2.2×11cm 厚み0.6cm 50g(5本)ほど。
画像
スペキュロスというとベルギーの特有の香りのする伝統の焼菓子。

これはサブレにシナモンを利かせ、固焼きにすることでスペキュロスに似せたもの。サクサクと軽快な食感とともにシナモンが心地よく薫ります。

シェフは「シナモンだけでも、けっこうスペキュロスっぽいですよ、あはは〜」とのこと。
そういやぁ、そんな気が。村西シェフの笑顔に誘導されているかな私たち、あはっ。




ほんの少ししか食べていないのに味の全体像を書くのは気が引けますが…、誤解を恐れずに云えば、どれも美味しさのツボを心得ているなという印象です。
難しくなく、誰にでも分かる味わいでいながら、どこか非凡なものを感じさせるのですから、ふう、新しい才能の登場を祝いたくなります。



●『モワルーショコラ』320円  『ムラングシャンティ』450円  『ムスコバドのフィナンシェ』210円  『サブレ・スペキュロス(5本入り)』350円  (※外税)

●「パティスリー ウサギ Usagui 」
  兵庫県伊丹市中央1-7-15  TEL072-744-2790  定休日/水曜・木曜  営業時間/11:00〜19:00
  ※なおゴールデンウィーク中は水木営業で、明けて8、9の月火を休むそうです。

  ※ブログ「パイ日和」では、こちらのタルト2品をご紹介しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

2017年3月オープンの新店! パティスリー ウサギ(1)『モワルーショコラ』『ムラングシャンティ… パイ日和・おまけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる