パイ日和・おまけ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンブラン(2) 『モンブラン』

<<   作成日時 : 2017/06/14 23:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ご存知、「モンブラン」(1933年創業)の『モンブラン』。こちらが元祖だそうです。


●『モンブラン』  径8cm 高さ9cmほど。
画像
最近はフランスの栗を使った濃厚なモンブランばかりになりました。
これはこれで大好きなのですが、いまだにモンブランは黄色くなくっちゃね、という気持ちがどこかに残っています。
えぇえぇ、旧いヤツなのでございます。

それほどにモンブランのイメージは根強く、深く心に刻まれています。
そして、栗の茫洋とした優しい味わいを活かし切っているのは、やはり昔ながらのレシピだと思うのです。


ふうぅ、王道の姿、美しいです。
モンブランといえば、この姿でなければ。

山の麓にあたるのは、優しいスポンジ。その中心には山梔子色の栗の甘露煮、その上にカスタード。
細くバタークリームが1周あって、シャンティの上に黄色い栗クリーム。おや、山頂は再びシャンティかと思いきや、メレンゲの乾燥焼。

そっと口へ運ぶと…… うーん、やっぱりこれ、これなのだぁ。しみじみ。
スポンジの真綿でふんわりと包まれるような優しさの心地よさ。
モンブランクリームも甘すぎず、落ち着いた甘さで、嗚呼、懐かしいよぉ。愛媛産の栗だそう。いい味わいです。
トップのメレンゲ、甘ったるくなるかなと思ったのですが、意外なことに甘さ控えめ。しかもほのかにレモン風味? 素敵です。

いやはや、久しぶりに食べた、これぞ日本のモンブラン。大したものです。



戦前から築き上げた洋菓子界きってのブランド。納得せざるを得ないのですが、お菓子は全般に高めです。



●『モンブラン』670円   (※内税)

●「モンブラン」
  東京都目黒区自由が丘1-29-3  TEL03-3723-1181  定休日/不定  営業時間/10:00〜19:00

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

モンブラン(2) 『モンブラン』 パイ日和・おまけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる