パイ日和・おまけ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年9月オープンの新店! クレーヴ(1) 『ガトーショコラ』

<<   作成日時 : 2017/08/01 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県西宮市、阪急甲陽線・苦楽園口駅から西へ3分ほどの少し奥まったところにオープンしたのが「クレーヴ CREVE」(創造+夢の造語)さん。オーナーシェフは小川雅世さん。お子さん二人はもう大人。
と書くと、いかにも主婦の夢を形にしたお店のように捉えられるでしょう。でも、少し違います。
彼女は働き詰めに働いてきたプロの職人さんなのです。このお店の前に駅の反対側で「スイーツバー」を営んでいたという前歴もあります。実践で地歩を固めて、お菓子専業でやれる自信を掴んでの業態変更。
私たちは気が付くのが遅れましたが、開店10ヵ月ほどですでに常連さんを掴んでいるようです。
さてさて、その実力やいかに。


●『ガトーショコラ』  12.5×6cm 高さ4cm 240gほど。
画像
小川さんの一番の自信作。

キャリアを詳しくは語ってくれなかったのですが、チョコレートを本格的に修業していた時期もあるそうです。
使っているチョコレートは日本製だそうですが、「 CREVE 」用のオリジナルブレンド。

これは余程自信があり、正確に風味を見極める実力がないと、営業さんに相手にされないはず。海外の有名ブランドを使うよりは難しいけれど、うまく行けばはるかに自分の色を出せる方法。おぬしやるな!

画像しかも驚くべきことに小麦粉もメレンゲも入れていない。カルピス醗酵バター、卵、グラニュー糖、風味付けのグランマニエとウィスキーのみ。
高温・短時間で焼き切るとのこと。「力仕事で、時間勝負のお菓子なのです」。

ガトーショコラとは言っていますが、食感はほとんどテリーヌ。ねっーとり。
冷やすと生チョコ風でもあるし、数秒チンするとフォンダンショコラのようにもなる。濃厚だけどトゲトゲしさのない円やかなチョコレートの魅力にハマってしまうこと必定。

毎日少しずつカットして、そっと口へ。うーん、いいねぇ。
洋酒の風味が軽やかで、チョコの風味を覆ってしまうことなく、引き立てて…… ゆるりと溶け広がって行くチョコレートの味わいに、一口ごとに頷いてしまいます。


画像なお、『ひと口ガトーショコラ』というミニミニサイズ(100円)もありますから、一度お試しあれ。
で、気に入ったら、自分用に1本いくのもいいし、プレゼントにも最適。

ロゴマーク入りの黒い箱入り。手提げの真っ白な紙袋もロゴ入り。ねっ、素敵でしょ。
ギフト需要の高い苦楽園という場所柄か、パッケージまで行き届いていて、とても重宝しそうです。




元々、パウンドケーキの専門店にするつもりだったところが、たまたま出したチーズケーキが大人気で、今では19種類もあるというチーズケーキ専門店状態。自信作のパウンドも食べてみようかな。
一人で多品目作っているので、週3日休んで仕込まないと追いつかないということですから、営業日をしっかりご確認の上、お出掛けくださいね。



●『ガトーショコラ』1500円  (※内税)

●「クレーヴ CREVE 」
  兵庫県西宮市南越木岩町11-22  TEL0798-74-7820  定休日/日曜・月曜・火曜  営業時間/10:00〜20:00

   ※ブログ「パイ日和」では、こちらのキッシュ&タルトをご紹介しています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

2016年9月オープンの新店! クレーヴ(1) 『ガトーショコラ』 パイ日和・おまけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる