パイ日和・おまけ

アクセスカウンタ

zoom RSS RyoPan(1)『いちじくのデニッシュ』『ショコラデニッシュ』『バケット』『五穀パン』『ライ麦パン

<<   作成日時 : 2007/10/09 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

阪急甲陽園線・苦楽園口駅から10分余り西へ歩いた樋之池町に、07年7月3日に若いご夫婦二人で仲良く営むパン屋さん「自然派パン工房 Ryo Pan(りょうぱん)」がオープンしました。
スーパーを中心に一つの独立した生活圏を築いているような住宅街ですが、表通りから50mばかり入ったところにあって、ずっと気付かずにいました。新聞の販売店がサービスでくれる小さな新聞というかチラシというかの紹介記事を目にして、ようやく存在を知った次第です。
そのことを奥様に伝えると「皆さん、この場所はノーマークよ、と仰るんです」とにこやかに笑っています。おっとりした応対で好感が持てますね。
あまりがつがつしないで、健康に気づかって材料を厳選した商品を静かに広めていかれるのだと思います。


●『いちじくのデニッシュ』 8×9.5cm 高さ2.5cm 100gほど。
画像デニッシュはふっくらと柔らかな食感。層はあまりきつくなく、ふんわりと膨らんでいます。
カスタードとブルーベリーのジャムは自家製。優しい薄味。イチジクがセミドライなのか、しっかりした濃厚な味わい。

全体を食べるとバランスの取れた甘みの配分で、優しい印象です。







●『ショコラデニッシュ』 8×10cm 高さ4.5cm 60gほど。
画像デニッシュでチョコレートを包んだシンプルなもの。
このデニッシュもふんわりの仕上がり。
なかのチョコレートはベルギー製だそうです。元々、相性のいい間違いのない組合わせですが、やはり素直に美味しい。

シンプルな分、デニッシュの香りが立っているようです。







●『バケット』 36×7cm 250gほど。
画像無添加イースト使用、とありました。
こちらは濁らずバケットと表示されています。味も濁りのない爽やかなもの。
クラストを味わうというより、白い身の部分を味わうタイプ。

ほかのパンにも共通して言えることですが、塩気がやや薄く、味わいは淡白。ぐいぐいと圧倒される雰囲気はありません。食事パンとして、ほかの食材の邪魔をしない、それでいてつねにそばにあって欲しい、ご飯のような存在だと思います。
しっとりふわっとした白い身がすっと口に入ります。






●『五穀パン』(1/2サイズ) 9.5×8cm 高さ12.5cm 270gほど。
画像大豆、大麦、玄米、ゴマ、キヌア。この5つの穀物が生地に練り込まれています。
いろいろ入っているので健康には良さそう。

キヌアというのは南米原産の穀物だそうで、少し甘みのある黄色みがかった小さな粒です。奥様が丁寧に教えてくれました。
味はパンの味を大きく変えるほどではなく、普通の食パンの感覚で食べられます。
ときどき粒々が当たる感触を楽しむという感じです。






●『天然酵母のライ麦パン』 9×7.5cm 高さ6cm 90gほど。
画像自家製酵母使用のパン。
一般に、天然酵母のものは酸味が強いものが多いですが、これはまったくといっていいほど酸味がありません。むしろ、醗酵に時間をかけることで出てくる甘み、うま味のほうが勝っているようです。
甘さは原材料に加えられているモルトから来るものかもしれませんね。

商品名はライ麦パンとなっていますが、小麦粉、全粒粉も入っていて、ライ麦の割合はそう多くないようです。ライ麦のくせもあまりなく、ライ麦初心者に向いていると言えるでしょう。




北海道産小麦、九州産石臼挽全粒粉、ドイツ有機石臼挽ライ麦粉、北海道産四つ葉バター、国内産100%瀬戸のほんじお、能登のセイアグリーの卵などこだわった材料を使い、改良剤や防腐剤を一切使用しないという良心的なお店です。
田中さんご夫妻二人きりの可愛いお店ですが、定着するにしたがって商品のレパートリーも拡大するのでしょうね。すでに通信販売を始められています。今後はカフェを併設する予定もあるようです。



●『いちじくのデニッシュ』160円  『ショコラデニッシュ』160円  『バケット』250円(大)  『五穀パン』250円(1/2サイズ)  『天然酵母のライ麦パン』200円

●「自然派パン工房 RyoPan(りょうぱん)」
 西宮市樋之池町16-8  TEL0798-71-6996  定休日/水曜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

RyoPan(1)『いちじくのデニッシュ』『ショコラデニッシュ』『バケット』『五穀パン』『ライ麦パン パイ日和・おまけ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる