カタオカ (1) 『ドッホチーズ』『シェール』

兵庫県西宮市、阪急西宮北口駅北側すぐのところに、またまた期待の新店が07年11月にオープンしました。女性シェフのお店「パティスリー カタオカ」さんです。
品揃えや商品の仕上がりの美しさなど、人気のお店に成長しそうな予感がします。


●『ドッホチーズ』 2.5×8.3cm 高さ3.5cmほど。
画像
ドッホって、耳慣れない言葉。
クリームチーズを使ったチーズケーキで、そのうちの一つがデンマーク産の“ドッホ”というものだそうです。さらにサワークリームなども加わった濃厚なタイプ。
底はタルト生地(シナモン風味とヴァニラ風味)を砕いて混ぜて、クルミのダイスも加えて押し固めたもの。表面の黄色い模様はマンゴーのピュレ。

小さなケーキですが、たしかにこの大きさで十分なのかもしれません。濃厚なのです。どっしりとした風味があります。口溶けがよく滑らかで、口いっぱいに広がっていくクリームチーズの味わいに、ちょっと悦に入る感。塩気もあり、酸味もあり、甘さだけでない深さ。重厚と言ってもいいでしょう。
そのチーズの部分に負けない土台作りも立派です。シナモンとヴァニラの風味、ザクザクとした食感、クルミの香りとサクサクとした食感。とても存在感のあるタルトです。
マンゴーのピュレは模様だけの役割に終ってしまっているかな、とは思いますが、力強いチーズケーキ。十分に個性を主張していて、素晴らしい仕上がりと言えるでしょう。

定番的存在のチーズケーキをこの味にしたところが、このお店のコンセプトというか、シェフの覚悟というか、そんなものを感じました。うん、この線で頑張っていって欲しいな。




●『シェール』 径6cm 高さ4cmほど。
画像
最初にちょっとお断り。写真ではブルーベリーがありませんが、トップの手前丸く少し凹んでいるところに本当はブルーベリーが一粒載っていたのです。写真を撮るときに、コロコロ~と転がり落ちてどこへやら。

気を取り直してケーキ自体のことに。
ホワイトチョコレートのムースとラズベリーのムースで構成されたシンプルなケーキ。
外観の色合い、シエル(ciel  空、天)というネーミングから、夢見るような淡~い乙女チックなケーキと勝手に想像していました。優しげな姿ですし、女性シェフだし、きっと繊細微妙なホワホワとしたもの、と勝手に決めていたら、おっとどっこい。

ホワイトチョコがなんとも力強いのです。これだけ正面切ってホワイトチョコの濃厚さを打ち出しているケーキはめったにないでしょう。ちょっとした驚きでした。でも、これだけホワイトチョコを強く出すなら、ラズベリーももっと強くても良かったかも、とは思いました。キリッと酸っぱくて、もう一度驚きのあるような。
これは嬉しい裏切りにあったことから出てくる無い物ねだり。今後に期待できるからこその蛇足です。



●『ドッホチーズ』380円  『シェール』360円

●「パティスリー カタオカ」
 兵庫県西宮市高木西町9-11  TEL0798-65-6607  定休日/火曜・水曜