古勝院 (1) 『洛北隠 プディング』『高瀬川 笹舟チーズ』『京あわせ 洛○(らくま)』

京都・北白川、一乗寺に京洋菓子を名乗る「古勝院 NOBUAKI」さんがあります。
京都でもう50年以上の歴史を刻んでいるチェーン店「バイカル」さんの経営。フランスで修業したシェフが和菓子のイメージを取り入れた和の香りのあるケーキを開発しています。
京都には和を取り入れた洋菓子が数多くあります、こちらもそのひとつ。ネーミングも凝っていて、京の風情を感じられるようになっています。


●『洛北隠 プディング』 径4.4×5.5cm 深さ5cmほど。
画像

丹波の瑞穂町(合併して京丹波町)の卵とジャージー牛乳、砂糖は和三盆。
材料にこだわった作りのようで、風味の良さが長所です。
卵と牛乳は濃厚でコクのあるもの。砂糖は刺激の弱い優しいもの。
この取り合わせが、味があってじんわりと美味しいプリンに仕上げています。
姿もきれいですね。







●『高瀬川 笹舟チーズ』 径5.5cm 高さ3cmほど。
画像

笹をはらりとほどくと、底に薄くスポンジ。クリームチーズのアパレイユに隠し味としてエダムチーズが加えているそうです。
中に北海道産の小豆が数粒、トップに黒豆。高温のオーブンで短時間に焼き上げたとか。

とろけるような食感のチーズケーキです。
濃厚で重いネットリ感ではなく、ゆるいトロトロ感に近いと言えるでしょう。泡を含んだ軽さもあるのかな。
やや酸味があります。この酸味と小豆のほのかな甘みが似合っています。





●『京あわせ  洛◯(らくま)』 4×7cm 高さ3cmほど。
画像

ブッセのようなお菓子。
ふっくらとして柔らかくしっとりしたスポンジ生地でクリームを挟んでいます。
バニラ、カプチーノと季節のクリームというのがあって、今回はマロンクリームのものを置いていました。購入したのは、バニラ。

塩気の薄いバタークリームのような感じですが、ホワイトチョコも入っているみたいです。その口溶けの良さと円やかな味わいが美点。
どこにもトゲのない、過保護のようなケーキ。ちょっと調子を落としているときには優しい甘さが嬉しいでしょう。




観光客のお土産買い、ギフトがメインターゲットになっているようですから、どうしても味わいは刺激を控えた円やかなものになりがち。万人に愛される最大公約数的な分かりやすさと、和洋折衷、成形、パッケージ、それぞれの完成度はとても高いのではないでしょうか。



●『洛北隠 プディング』231円  『高瀬川 笹舟チーズ』357円  『京あわせ  洛◯(らくま)』126円

●「京洋菓子  古勝院 NOBUAKI」
 京都市左京区一乗寺野田町6番地  TEL075-721-6601  定休日/不定休