ラ バゲット ド パリ ヨシカワ(6)『ブルーチーズとくるみ』『フォカッチャ』『オリーブのパン』…

兵庫県西宮市、阪急甲陽線・苦楽園口駅から西へ10分ほどのとこにある「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」。バラエティ豊かな商品群。そのどれもが洒落ていて安定した美味しさを保っている。いつ行っても客で賑わう人気ぶりだ。
オープンからのスタッフが上がったのか、今までいなかった男性スタッフが2人(かな?)加わったようだ。最近、どことも人材不足を嘆いているが、その点でもうまくいっている様子。
本日は、ワインに合わせた、食事パン4種を紹介しよう。


●『ブルーチーズとくるみ』 9.5×9.3cm 厚み5.7cm 90gほど。
画像

長時間醗酵の生地に胡桃を練り込み、三角おむすびの形にまとめて焼成。
上下2当分するように切り込みを入れ、ブルーチーズを挟んでいる。

長時間醗酵させているので生地が味わい深く、くるみとチーズを合わせても負けないだけの強さがある。
ブルーチーズのわりには塩気が薄く、食べやすく程よい美味しさを作り出している。

画像

過剰に走らず、一歩退くところが吉川シェフ流。







●『フォカッチャ』 19.5×10.5cm 厚み2.2cm 80gほど。
画像
ピザの原型などと言われるけれど、生地はむしろ進化形のような気がしないでもない。
よりよく醗酵され、きめ細かく滑らかな食感。ふっくらもっちりの感触に洗練が感じられるからだ。

こちらの生地はなかでも、しっとりなめらかで、軽やか。
どっしり重く焼くほうがそれらしい気もするが、まあ趣味の問題かな。
いつもの書き手は、このやさしさが魅力だと気に入っているようだ。

こちらは洗練の方向に寄っているから、オリーブオイルも品良く香り、ローズマリーもほのかなレベル。
なかでは表面に振った粒塩が利いていて、味が決まっている。




●『オリーブのパン』 14×15.5cm 厚み3.6cm 110gほど。
画像
ヘビの形のわりに、可愛い印象のパン。
棒にぶら下げた売り方も面白いな。

バゲット生地にブラックオリーブの小さく刻んだものを練り込み、グリーンオリーブの大きく切り分けたものを成形後に押し込み、最後にぐねぐね型にまとめて焼いている。


画像
強い引きのもーっちりした生地に特色があり、グリーンオリーブから果汁が飛び出してくるところがいい。
塩漬のオリーブなので、強い塩気がアクセントになって楽しく食べ進められるパンだ。

ワイン、進むね。






●『プティ セレアル』 18.5×6.9cm 厚み3.9cm 90gほど。
画像

『バゲット セレアル』の小型版。

少しゴツく感じる見掛けに反し、比較的軽い食感のパン。
ライ麦10%入ったバゲット生地にゴマ、亜麻の実、アマランサスが加わっている。

ゴマがメインに香って、前回『バゲット セレアル』を紹介した時にも、たしかゴマ煎餅を食べているようだと、書いたように思う。

今回も同様の、香ばしさ全開。
画像








これだけ技術のあるお店なので、もっと強く迫るパンも焼いてほしいな、という無い物ねだりの願望がある反面、この程よい安定感に惹かれているのも事実。
食べ物の欲求には限りがなく、難しい。欲張りな頭の欲求をなだめて、食欲に任せて気楽に食べるのが幸せというものだろう。こちらのパンはあれこれ御託を並べず、素直に美味しさを味わうのが一番だ。



●『ブルーチーズとくるみ』231円  『フォカッチャ』189円  『オリーブのパン』189円  『プティ セレアル』126円

●「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」
 兵庫県西宮市樋之池町3-6  TEL0798-72-0770  定休日/火曜