ロトス洋菓子店 (8) 『チーズケーキ』『プリン』

京都、烏丸松原上ルの「ロトス洋菓子店」さん。当ブログでは、もうとっくにお馴染みのお店となりました。
本日ご紹介するのは、定番の『チーズケーキ』と『プリン』。
じつは、NY風チーズケーキとプリンは自宅でよく作るお菓子です。そのためか、どのお店でも購入の順位が低く、やっと今頃になってしまいました。


●『チーズケーキ』 辺5.7cm 高さ4.1cmほど。
画像
ベイクドタイプのチーズケーキ。

底にパートシュクレ、赤ワインでもどしたセミドライのイチジクが隠されています。
木村シェフはイチジクのほうが目立つくらい、と語っています。

アパレイユはキリのクリームチーズを主体に、卵、生クリーム、レモンなどを加えたもの。
焼き上がりは、ねっとりといい感触。
とくに個性的なチーズではありませんが、美味しさはたっぷり。だから、キリが人気なのでしょうか。

イチジクの赤ワインは味を膨らませて、チーズの味わいに輪郭が生まれています。イチジクの甘さがあるので、キリの塩気も気になりません。
プチプチと楽しい食感を残して、食べ進むのが楽しいケーキ。


チーズの香りとイチジクの香りの相性も良く、味をプラスしてくれるシュクレ生地とともに、よく出来たバランス感覚に感心させられます。




●『プリン』 径5.3×4.4cm  深さ4.4cmほど。
画像
わぉ! この美味しいプリンが、なんと150円也。
この値段は泣かせますねぇ。

全卵に少し卵黄をプラス、牛乳と生クリームで伸ばしています。
濃厚な味わいの卵を使っているせいか、砂糖の量も遠慮せずに使えているようです。

とろとろプリンを目指しているわけではありませんが、かなり低温で1時間かけて湯煎焼きにしているそうです。
ちゃんと卵の食感があって、なめらかに溶けてくれる。なめらか過ぎないから、ヴァニラビーンズの点々が気にならないのも嬉しい。

うん、卵の美味しさを満喫できますね。カラメルも風味はあるけれど、サラサラの濃度なので、卵の風味は生きたまま。

シンプルだからこそ難しいプリン。この値段で十分すぎるほどの味わい、もったいないくらいの上質な仕上がりです。




一口に定番といっても、アプローチはシェフによってさまざま。木村シェフの場合は、王道路線ですが、彼個人のア・ポワンがある、と感じました。
さて、完全制覇まであと数品。この分なら、残りもきっとふむふむと唸ったり、にまにまと笑顔になることでしょう。制覇したら今度はゆっくりお気に入りをリピートしていくことになりそうです。



●『チーズケーキ』420円  『プリン』150円

●「ロトス洋菓子店」
 京都市下京区烏丸通松原上ル因幡堂町699  TEL075-353-2050  定休日/火曜・水曜(※8月のみ、14日と28日の火曜日は営業)

※ブログ「パイ日和」にも、このお店のタルトを紹介しています。よかったら、どうぞ。