ハーバックストゥーベ(2)『クリスト シュトレン』

大阪市、地下鉄谷町線・都島駅から北東に5分ほどのところにあるドイツパンのお店「ハーバックストゥーベ」(h Backstube)さん。いま現在のドイツのパン屋さんの品揃えを、ここ都島に、移しかえたようなお店だということは前回お伝えしましたね。
本日ご紹介するのは、クリスマスの定番『クリストシュトレン』。
“近隣の一人でも多くの人にドイツのパンを食べてもらいたい”と熱望している、端野シェフ。かなりいろいろなことに気をつかって、食べ易さを追求しています。

先日「オンコーアンマタン」さんのものを食べ終わり、今年二つ目の『シュトーレン』、ではさっそくいただきましょう。


●『クリスト シュトレン』 23.5×10.5cm 高さ6..5cm 865gほど。
画像
わぉ、大きくてズシリッ! 

どちらかというと、パサパサ系が多いシュトーレンですが、こちらのものはややしっとりと焼き上げています。その分、水分が多くて重めに計量されるところはあります。

でも、それを考慮した上でも、な、なんと グラム2.66円!  

ひゃあ~、この安さは驚異的。いやぁ、じつに頑張ってくれています。
これに対抗できるのは、7年前の「ビゴの店」(ビゴさんのところは、店舗数も多く経営規模も違うので単純比較はできませんが。今はグラム3円台後半です)くらい。ふーむ、凄いことです。

画像
こちらでは、ついつい価格のことを話題にしてしまいます。
が、しかーし。ただ安いだけで喜んでいるのではありません。安いのに材料を落としていないし、技術も優秀。ただただ、多くの人に食べてもらいたいという一心から出た値付け。
利の薄いご商売をなさっているのです。なんだか頭が下がる思いがするほどです。



さて、『クリスト シュトレン』の内容。
素材や作り方(1週間ほど寝かせて販売)は、ごくごくオーソドックスですが、食べ易さを意識して、全体にスパイスやお酒を控えめにしています。

ただ一点、ドライイチジクを入れてプチプチした食感を強調しているオリジナリティーが目立ちます。イチジクの優しい甘さが行き渡ると同時に、プチプチとした食感が楽しいアクセント。
最近はナッツ嫌いが増えている(ふぅむ、大変だなぁ)との情報から、ナッツ(アーモンドは入っています)を減らした分、独特の食感をプラスしたとのこと。なるほど、この手がありましたね。

画像
溶かしバターではなく、本格的に澄ましバターを使っているので、味わいがスッキリしています。
その味わいがベースにあって、レーズンとイチジク、オレンジピール、レモンピールなどの果実の凝縮した甘みが心地よく広がり、かすかな酸味が奥行きを与えてくれます。
しっとりとした生地は溶け心地が良く、口に入れた途端間髪なくなめらかに溶けて、粉糖、ヴァニラシュガーとともに一体となった優しく懐しいような味わい。

日本人であってキリスト教の習慣とも無縁のはずなのに、このお菓子、なんだか昔から味わっているような錯覚を起こす力を持っていますね。

これは、スパイスやお酒を控えめにしたおかげで、優しさが強調されてバターの豊満な香りがメインになり、その次にイーストの醗酵香。誰しもが納得する豊かさを作り出しています。
そして、ようやくシナモンやカルダモンのスッキリした香り、最後にフルーツを漬け込んだラム酒のふくよかな香りがほんのかすかに。




端野シェフによると、ドイツのものは平ぺったい、不格好なものが多いそうです。日本人にはきれいな形でないとと、ちゃんと型に入れて形良く焼いてくれています。そして、分かりやすく親しみやすい味わい。
気に入っているドイツの食文化をなんとか親しみやすく、より多くの人へと、ずいぶん考えられたアプローチと云えるでしょう。

私たちはシュトーレンが大好きで、四半世紀以上前から食べつづけている(詳しくは「ブログ パイ日和/特集8 シュトーレン百花繚乱、伝統派から個性派まで堂々の20撰!」ブログを始めた2005年からのものを一堂に紹介)ので、単なる物真似ではなく、日本人の味覚にふさわしいように、オリジナルの優しいシュトーレンが登場したことを、本当に嬉しく思います。一過性のブームではなく、本格的に根付いてきたことを感じさせてくれるからです。

もっと強気に、いかにもドイツ、ドイツしたものをどんなもんだいっ! と押し付けてもいいかもしれませんが……、まずは食べて好きになってもらうこと。一度、ドイツ菓子&ドイツパンが気に入ってしまうと、なかなかこの生地の美味しさから離れられなくなってしまいますから、ね。
この路線、けして間違っていないと思います。沢山の人に親しまれることを願っています。



●『クリスト シュトレン(大)』2300円(2.7円/g)    ※(小)1200円もあり

●「ハーバックストゥーベ」
 大阪都島区都島北通1-4-21  TEL06-6928-8648  定休日/日曜日