ビゴの店(10)『バゲットスペシャリテ』『ポルカ オ ノア』『シュークリーム』

兵庫県西宮市、阪急電鉄神戸線・夙川駅から南西へ5分ほどのところにある「オー ボン ガトー ビゴ」で、ビゴさんのパンを買いました。
日本におけるフランスパンの父のような存在だから当然ですが、基本的なパンがとても美味しいですね。
(※パン担当はクボタですが、今回はイワモトで)


●『バゲット スペシャリテ』   26×5.6cm 高さ4cm 120gほど。
画像
販売スタッフが“スペシャリテ”だと教えてくれたのをそのままに、ショーカードを確認していません。

フランス産小麦100%。
やや割高の価格ですが、それだけの値打ちのあるバゲットです。
もう口に含んだ瞬間、「違うな!」と思わせる力があります。

まず香り、鼻孔に柔らかく暖かみのあるクラスト部分の香りが押し寄せます。
サクッと軽やかな食感とともにさらに、香りが華々しく飛び交います。

そして、カリカリのクラストの軽やかで小気味のいい食感といったら、もう。
量は少ないけれど、もっちりとした弾力のあるクラム。
口溶けも素早く、少しももたつきません。旨味もどんどん湧いてきます。

粉の違いもあるでしょうが、生地の育て方がいいんだろうなぁ。
今時フランス産小麦100%のバゲットはザラにありますからね。
画像
やはりこの違いは伝統の底力というものでしょう。
お見事、頭が下がります。









●『ポルカ オ ノア』   13.5×7.5cm 高さ6.2cm 135gほど。
画像
格子状に切ったクープのことを、ポルカと呼んでいるようです。

ライ麦の入った生地にクルミがちらほら。

ライ麦の比率はあまり高くなく、クルミの野趣を楽しむための背景として、やや田舎臭さが欲しいといったところ。





画像
ライ麦のポソポソ感もあって、素朴な味わい。
時折弾けるクルミの香ばしさがいいですね。











●『シュークリーム』   径4.5cm 高さ3.5cm 40gほど。
画像
ちっちゃなシュークリーム。
あまりの可愛さに、思わず追加で購入してしまいました。

シュー生地はごくごくノーマルなサックリ食感の、ふんわりタイプ。

こちらのカスタードのお決まりですが、ポッテリと糊気の利いた重い食感。
シャンティを加えて、少し軽さを出しているようですが、まだまだ食べ出のある重厚感。
懐かしくって、いいな。

画像
なにせ、税込87円ですからね。ご立派です。







嗚呼、やっぱりビゴさんはいつ食べても、期待に応えてくれますね。
これだけの存在が身近にある関西在住者は、その幸せをもっと噛み締めなければなりませんね。



●『バゲットスペシャリテ』175円  『ポロカ オ ノア』170円  『シュークリーム』80円(税抜き価格)

●「オボンガトービゴ」
 兵庫県西宮市松下町9-33  TEL0798-37-3328  定休日/月曜  営業時間/9:00~20:00