パパジョンズ(7) 『レモンツイストクッキー』

京都、烏丸御池の南東にある商業施設“新風館”にあるのが「パパジョンズ」さん。
『ニューヨークチーズケーキ』がつとに有名なお店ですが、それだけではあまりにもったいないお店です。
3店舗ある中で、とくにこちらは規模が大きく、居心地満点のイータリー。アメリカの食事は大味という先入観を軽く覆してくれる、繊細な美味しさが魅力です。ニューヨーク食堂スタイルで、世界各国出身の人々が集う大都市らしい、世界各国の文化とフードに触れられる愉しみがあります。
この日はオーナーのチャールズ・ローシェさんに会う目的のほか、その後、長年の旧友と軽くお茶をというつもりだったのです。その彼が仕事が長引いて1時間遅刻。「じゃ、いっそ食事でも」と利用方法を自由にスライドできるという便利さも嬉しいですね。


●『レモンツイストクッキー』  径6.5~6.8cm 厚み1cm 6枚で100gほど。
画像
結局、5時間ほど過ごすことになったのでした。帰宅の時間を考えて、あわててレジへ。すると見覚えのあるクッキーが。

こちらの素朴な作りのクッキーが大好物なのです。
何種類もあるし、どれも水準が高いのですが、なかでも『レモンツイスト』がいいんだなあ。
アイシングやジャムが酸っぱいクッキーはいくらでもありますが、生地自体が酸っぱいというのが珍しいですよね。

粉にたっぷりの卵とバターと適度な砂糖。
そこにレモン果汁が加わるのですが、水分少なめの堅焼き。
普通だったらピールも入って、レモンを前面に押し出すものなのに、風味はあくまでバターと卵。それでいて、レモンの酸味。ほのかだけど、しっかりレモンとわかる品のいいアピール。
そのギャップが小さな驚き。分かっていても何度食べても、“ほほぅ”と思ってしまうのです。

画像
食べているうちに病み付きになって、もう一枚、もう一枚。
ザクザクッとした食感とともに、トロリと溶け出すコクのある旨味と爽やかさ。
見つけたら、つい買ってしまう誘惑のクッキーなのですよぉ。


円筒の紙ケース(お値段の安い袋入りもあり)も気に入っています。ラベルも、檸檬の花のイラスト入りで手作りのよさが醸し出されています。そして、なんといっても“茶筒風”なのがとてもいいですね。ちょっとしたプレゼントにもぴったりで、ちょくちょく使っています。

今回も、あまりに可愛くて、ついもう一つ『チョコウォルナッツクッキー』も買ったのですが、一緒に会食した友人にお土産であげてしまったので、今回はコメントできず。
彼が食べた後、に~んまり笑顔になっただろうことは想像に難くありません。


●『レモンツイストクッキー』(6枚入り)700円  (※内税)

●「パパジョンズ 新風館店」
  京都市中京区烏丸通御池下る新風館3階  TEL075-211-1600  定休日/不定  営業時間/11:00~23:00