パティシエールウタコ UTAKO(7) 『ボンボンショコラ/ウフ、プラリネ』『ノワゼットショコラ』

大阪の衛星都市の一つ、高槻市にある「パティスリー UTAKO」さん。
シェフの中塚雅子さんは2月の声を聞くと、俄然張り切ります。若い時からのチョコレート好き。にわかにショコラティエールに変身です。
今年は、念願のチョコレートウォーマーも購入、取り組み方が違いますよ。


●『ボンボンショコラ/ウフ』(写真左)   卵形長径3.6cm  短径2.3cm 片側厚み1.3cmほど。
画像
ボンボンショコラ6品のうち、2品の詰め合わせとして購入。

卵(oeuf)を縦に2つ割にした型にカバーチョコを流し込み、中にガナッシュを埋め込み、蓋となる部分を流しかけて作ったもの。
マイルドなカバーから、トロトロと塩キャラメルが流れ出します。この柔らかな流れる感じ、いいですねぇ。
塩味が柔らかく、カラメルの風味がいい。“雪塩”だそうです。たしか『ガレットブルトンヌ』でも使っていましたっけ。お気に入りですね。
チョコレートとのバランスもいいし、マリアージュ感覚も十分。好きだなぁ。


●『ボンボンショコラ/プラリネ』(写真右)    径2.6cm 高さ3cmほど。
ペック社のプラリネをベースとしたナッツペースト(マルコナ種のアーモンド使用)にチョコレートを混ぜたものを球状にまとめ、カバーチョコを掛けた上からアーモンドのクラックランの砕いたものをまぶし、もう一度カバーチョコ。
プラリネと云うと、しつこそうに感じますが、実際に食べてみるとその意外なほどの品の良さに軽い驚きを覚えるでしょう。
カラメルの焦がし加減が浅く、甘さも控えめ。クラックランを加えたことで、より一層アーモンドの芳ばしさが際立っていますね。


ボンボンショコラ、ほかの4種は次の通り。ほほぅ、どれも個性的なラインナップです。
◆『パレドール』  ビターチョコの中にバニラ風味のガナッシュ。小さな金箔を飾って。
◆『アールグレイ』 紅茶のガナッシュ、唯一ミルクチョコのカバー。
◆『フリュイルージュ』  ベリーの甘酸っぱいガナッシュ、キルシュ風味。
◆『キャフェノワ』  コーヒーガナッシュ、仏産クルミのカラメリゼ。ウィスキーが隠し味。




●『ノワゼットショコラ』(35g)   径1.6~1.8cmほど。
画像
最初に勤めた店で作っていて、ウタコさんが衝撃を受けたチョコ。
以来、25年ほどずっと作り続けてるそうです。

このスタイルのチョコ菓子はアーモンドはよくあるけれど、ヘーゼルは珍しいですね。

トルコ産のヘーゼルナッッをよく煎って薄皮を除き、ヴァニラビーンズ入りのカラメルでコーティングし、ミルクチョコ(グァナララクテ)でもう一重。

指でつまんで、ポイッ…… カリッコリッ! 芳ばしさが弾けます。
これがもう、目を見張る美味しさ。わぉ!

焼菓子の『スコリー』でもそうだったように、ヘーゼルのローストの素晴らしさ。まったく苦みを出さずに香りを全開にする技が光ります。香りだけで陶然となりそうです。
甘さもいいし、カカオ成分の多めのミルクチョコを選んだところもハマっています。お見事。

もっと味わって食べたかったのに、一瞬でなくなっちゃたよ、ウタコさ~ん! 




シーズンだけのショコラティエールにしておくのはもったいないほどの、腕とセンスです。
お会いした日の翌日が定休日だったのですが、彼女、休みの日にじっくり集中して作れる喜びを満面の笑顔で語っていました。ポーズでもなんでもなく、自然と喜びが滲みでてくる感じ。心底、チョコレートづくりお菓子づくりが好きなのですねぇ。
ほかにも『アマンドショコラ』や『スパイス風味のハートクッキー(フランボワーズジャムがアクセント)』、定番の『フロランタン』にはチョコ掛けも。お人形さん型の『ジンジャークッキー』はブーツを履いたようなチョコ掛けのあしらいがあったりして……、遊び心満載のチョコレートづくし。
そうそう、『フィグショコラ』もありました。コニャックに2週間ほど漬けたイチジクのチョココーティング。なんでも、子供はダメよ! なのだとか。熱い気持ちはどんどん膨れて、アイテム数はもっと増えているかもしれませんね。
そういったあれこれを、箱(大200円/小150円)に好きなように思い思いに詰め合わせて、オリジナルのギフトボックスを作ることができます。迷いながら箱に詰めていく楽しさ、お仕着せじゃないのがいいな。
バンバン詰めてもお手頃値段だから、お財布を持つ手が震える展開にならないのが嬉しいです。
もちろん、箱なしのチマチマ買いも大歓迎してくれます。なにしろ、接客もピカ一のお店ですから! 



●『ウフ』『プラリネ』(ボンボンショコラ2個入り)400円   『ノワゼットショコラ』(35g)330円   (※内税)

●「パティシエールUTAKO」
  大阪府高槻市富田丘13-18  TEL072-601-6175  定休日/火曜  営業時間/11:00~20:00

※ブログ「パイ日和」では、こちらのお店のパイ&タルトをご紹介しています。