エルベラン(11) 『マンデルマッセ/ホワイト&チョコ』

兵庫県西宮市、阪急神戸線・夙川駅の北2分のところにある「エルベラン」さん。
ここ夙川は、日本の桜百選にも選ばれている桜の名所。でも、こちらのケーキは春の桜時に限らず、何を食べても満開の美味しさです。 


●『マンデルマッセ/ホワイト』  7.2×24.8cm 高さ2.6cm 275gほど。
画像
ドイツ菓子では、Mandelmasse マンデルマッセとはマジパンのことですが、こちらではアーモンド入りの生地(シュガーバッター法)というほどの意味で使われています。

こちらの贈り物の定番のケーキ。お父さんの時代から愛されてきた代表商品です。

が、柿田衛二シェフが引き継いでから、もう少しチョコ感(ホワイトチョコレート)を強くしたいということで、アレンジが加えられました。
もともと、分離ぎりぎりまで卵やバター、ホワイトチョコが入っているので、もはや限界というところなのですが、ホワイトチョコだけでは乳臭いイメージが強くてスッキリ感を出すために、オレンジとアプリコットのコンフィチュールを加えたのです。

ちなみにアーモンドもミルクっぽいので、もう少し芳ばしさ・ナッツ感を強くしたいということで、以前はクルミだったこともありますが、今はピーカンナッツのパウダー入り。
ということで、マンデルは名前だけになっているとのこと。


画像ではでは、ゆったりとした気分で、いただきましょう。
ふうぅぅ…… なんというか、一口ごとに幸せに包まれますね。もう言う事なし!

ナッツ感の強い、ややザラつきのある生地が印象的。ホワイトチョコ(ヴァローナ社のイヴォアール)がたっぷり入っていてしっとりと重いのですが、それでもなお口解けがいいですね。

表面に薄く塗ったホワイトチョコとコポーがさらにホワイトチョコ感をトドメとばかりに満喫させてくれます。それが少しもくどくないのですねぇ。

どこかキレの良さを感じるのは、やはり酸味のあるコンフィチュールのせいでしょう。
フルーティさが加わる(明確に果実が特定できるほどではありません)ことで、スッキリしたミルキー感、そしてどこか華やぎをふっと感じます。これぞ隠し味の妙というものでしょう。

ホワイトチョコレートって、優しく豊かでなんて美味しいんでしょうと、再認識。食べれば食べるほどに魅せられていきます。けして飽きるということのないお菓子ですね。

ほとほと参りました。お見事です。




●『マンデルマッセ/チョコ』  7.2×25.8cm 高さ2.6cm 305gほど。
画像
姉妹品のチョコ版。
こちらは正真正銘マンデルマッセのアーモンド生地です。

元々のルセットに、加えた無花果のセミドライの赤ワイン煮とフランボワーズのピューレをロボクープに掛けてペーストにしたものを加えています。
こちらも、よりチョコ感を出すためです。

元から卵とバターはマックスに入っていたので、バターや卵はよく冷やして分離しにくくすることはもちろん、なるべく生地を潰さないよう、空気をたっぷり含ませ体積を増しながら加えていくようにしているのだとか。
乳化のポイントは温度と体積、という理論だそうです。

チョコレートはヴァローナのエキストラビター。チョコのイメージど真ん中のような香りの高いチョコ。
口へ運ぶ時から、すでにチョコレートの香りが立ち上がってきています。

ふ、ふっ、ふふふふぁぁ~、まるごとチョコ! 
チョコのテリーヌとはまた少し違う、なんだろう、この美味しさ充実感。
表面のチョコのパキッとした食感から始まり、フルーツの旨味、酸味、香り、エグ味が加わったことで、チョコレートを補い、チョコレートらしさをより一層感じる仕掛け。

うんうん、とても稠密な味わいにグレードアップしていると云えるでしょう。どこにも隙がない、味がみっちり詰まっているというイメージ。

なのに! 生地が正体なくホロホロと崩れて消えてしまうような軽さ、溶け方なのです。ホワイトと好対照。なんだかサンファリーヌなんじゃないかと勘違いしてしまうほど。これが空気感のなせる技なのですね。
だけど、だけど、じつはグラムはチョコの方が重いのです。

いやあ、お見事なんて言葉が軽すぎるほどに完成された見事さです。ワォ!!



画像夙川の名前にちなんだ爽やかな水色の函に、界隈の教会や馴染みのある建物などをモチーフにしたイラスト入り(もちろんエルベランもちゃんと描かれています)、桜色のリボンに花びらのシール。
ギフトにもってこい、ですね。

が、あまりの美味しさに二人だけでいただいてしまいました。
暑い季節なので冷蔵庫で締めては、取り出して少しずつ。室温に戻すのがもどかしいほどに、美味しさの吸引力に負けて慌てて食べてしまうのですが、適温でなくてもその美味しさがそこなわれないほどに強靭な味わい。
優しさも持ち合わせているのですが、ともかく印象が絶大。
少しの量で十分に満足させられてしまうので、3日ほど幸せを満喫しました。本当に美味しかったなぁ。また食べたいなぁ。



●『マンデルマッセ/ホワイト』1800円   『マンデルマッセ/チョコ』1800円    (※内税)

●「ケーキとクッキー エルベラン」
  兵庫県西宮市相生町7-12  TEL0120-440-380  定休日/火曜、水曜不定  営業時間/8:00~18:30

  ※ブログ「パイ日和」では、こちらのミルフィーユをご紹介しています。