ルメルクール(2)『フィナンシェナチュール』『ガレットブルトンヌ』『ケークマロン』『ケークアブリコピスターシュ』『プレゼント/焼菓子4種』

兵庫県西宮市、苦楽園にできた「パティスリー ルメルクールREMERCOEUR 」さん。お店の名前は、仏語 remercier 感謝 + coeur 心 の造語だそうです。
初日訪問の続報です。本日は、焼き菓子についてお知らせしましょう。生ケーキと同様、美しく品のいい優しさが際立っています。


●『フィナンシェ ナチュール』  4.5×8.2cm 厚み2cm 35gほど。
remercoeur_financier.jpg
フィナンシェ、大好物です。焼き菓子購入率、No.1かも。
しっかり焼き色を付けていますが、中は比較的淡い色合い。バターの焦がし具合を浅めにしながら、でもしっかりノワゼット香を抽き出しています。馥郁と広がるね~!
しっとりとしたバターの風味、風合いが表に出てきていますね。バターがジュワッと溢れるほどではありませんが、どこか蜂蜜のような香りも微かに感じられ、なんともリッチな印象です。


●『ガレットブルトンヌ』  径5.5cm 厚み2.5cm 30gほど。
remercoeur_galette.jpg
前回も書きましたが、師匠の川村シェフ(「アテスウェイ」)のスペシャリテのルセットとは異なる焼き方にトライしているとのこと。
たしかに。比較的淡い焼き色、分厚くなく、ガレットブルトンヌで特徴となる塩気も控えめです。食感も含めて優しいガレット。
断面の真っ黄色の鮮やかさはちょっと嬉しくなります。期待に違わぬ卵の風味がたっぷり。ザクザクより、ほろほろに近い食感も卵によく合っています。


●『ケークマロン』 底辺5.5cm 上辺4.5cm 高さ5cm 厚み1.5cm 30gほど。
remercoeur_cakemaron.jpg
わぉ、栗だぁ、おっラム酒も香る。あら、時おり胡桃も味に深みとアクセントを加えています。単純に栗だけのケークではなく、ラム酒も胡桃も対等に主張。そのバランスが絶妙で、食べていて楽しい。
調和しているのでうるさくなることもなく、落ち着いた上品な味わい。柔らかな口溶けもいいな。こういうまとめ方はベテランシェフの域にありますね。
嗚呼、1本食べたくなります。


●『ケークアブリコピスターシュ』 底辺5.5cm 上辺4.5cm 高さ5cm 厚み1.5cm 20gほど。
remercoeur_cakeabricot.jpg
ほぅ、ピスタチオの緑を背景にアプリコットのオレンジ、映えますね。
ピスタチオが香り、ナッツ特有の油脂感も。そこへアプリコットの酸味が爽やかな刺激となって、立体的な味覚を築いています。どこかスッキリ感を感じるのは、キルシュのおかげでしょうか。
酸味が比較的円やかだし、しっとりとした口溶けも相まって、優雅に感じられます。


●『プレゼント/焼菓子4種』
remercoeur_present.jpg
開店記念のプレゼント、焼菓子4種が配られました。
内容は“フィナンシェショコラ”“マドレーヌショコラ”“サブレヴァニーユ”“ディアマンピスターシュ”(シールが張られていなかったので商品名はこちらの推測)。
販売品に比べるとひとまわり小振り。わざわざ型を別に揃えたのかな、などと要らぬ心配をしてしまいました。これももちろん上出来でした。


全体に、ガツンと攻めずに、味わいとしては円やかに収めるのが大江シェフの趣味なのでしょう。エレガンス志向が焼菓子からも感じられます。
なお、焼菓子にエイジレス(脱酸素剤)を使っていません。賞味期限を1週間まで(シリカゲル入りの『ガレットブルトンヌ』は2週間)に限って、本当に美味しい間に食べてもらおうとしています。
このような取り組みは、とくに若手では珍しく、全体としても意外と少ないんですよ。関西で十数軒、意志強固に貫いているお店はありますが。真摯な対応のお店が近所にできたことに、mercier(感謝します)。

●『フィナンシェナチュール』230円 『ガレットブルトンヌ』300円 『ケークマロン』250円 『ケークアブリコピスターシュ』250円 (※内税/店頭では本体価格も併記)
●「パティスリー ルメルクール」
 兵庫県西宮市南越木岩14-2  TEL0798-71-4118  定休日/不定休(10月は21日・25日・29日)  営業時間/11:00~18:00

※ブログ「パイ日和」では、こちらのお店のタルト2種をご紹介しています。

※2019年7月以降、BIGLOBEの強制リニューアルにより、アクセスカウンターの廃絶、その他もろもろが大幅変更となりました。ご容赦下さいませ