パパジョンズ(9)『ジャバ メンテナンス クリニック(コーヒー豆)』

京都、錦市場の北、六角堺町通の角にあるのが「パパジョンズ六角店」さん。アメリカンカフェですが、すっかり日本人化した(中身ね)チャールズ・ローシェさん(1948年生まれ)の経営なので、アメリカの良さをセンシティブな調理で味わえる稀少なお店です。
papa_coffeemachine.jpg
お店にはアーティスティックともモニュメント風ともいえる、イタリア ガジア社製の素晴しいアンティークエスプレッソマシンが鎮座しています。そのことからも分かるように、大の珈琲好き、一家言ある珈琲マニアです。
私たちは筋金入りの珈琲党ではないけれど、こちらの珈琲は大好きだし、光輝くエスプレッソマシンに毎回惚れ惚れとしてしまうのです。

最近になって長年温めていたオリジナルブランドの珈琲豆を売り出しました。それが、『 JAVA MAINTENANCE CLINIC ジャバ メンテナンス クリニック』。
珈琲なのにクリニック? なんぞや。そこがこのブランドの最大の魅力かも。むふふふ。


●『 JAVA MAINTENANCE CLINIC ジャバ メンテナンス クリニック』
papa_kenbrown2.jpg
おっ、お洒落なイラスト。なんてクールなの!!  
ではまず、イメージイラストをご覧ください。頭にコーヒーを注ぎ込んでいます。シックユーモア。
Ken Brown ケン・ブラウンという60年代、70年代に人気だった漫画家の手になるものです。当時は一部に教祖的に崇めるファンもいた、カウンターカルチャーのマイナーメジャー作家。Tシャツなどにもよくプリントされていたそうです。それで何処かで見たような、そんな気がしたのかもしれません。

今年72歳のローシェさん自身もその頃はきっとイケイケの若者で(ふふっ)、同時代の空気を味わっていたわけですし、もともと木工職人漆芸職人でもあったし、今ではカフェにご自分のタブローを飾っていますから、アート系には独自のセンスの持ち主。きっと、ローシェさんが感じていた時代感覚、価値観にピッタリ沿うものがあったのでしょうね。
若い時に本を友人から貰って、とくにこの1コマをずっと記憶していて、いつか一緒に仕事ができたらなぁと心の片隅に温めていたそうです。ようやく一念発起して本人にコンタクトをとってライセンス交渉をしてみると、この古いイラストを記憶していてくれたことに喜び、快く応じてくれたのです。商売優先ではなく、本当のファンからの申し出には心を動かす力があるのですね。なんだかいい話です。

papa_papafacepop.jpg
もう、ローシェさんのエキサイティングな顔といったら。大好きな珈琲を媒介に、敬愛する大好きなアーティストとジョイントする歓び。そして、珈琲党の感性と舌で厳選した豆を皆さんに味わってもらう嬉しさに溢れていました。
豆は3つのブレンドがあり、それぞれ『BEAUTY ビューティー』『HEART ハート』『POWER パワー』と名付けられています。各々のコンセプトが、イラストの精神を受け継いでいるところがミソ。


papa_coffeebeansset.jpg
◆『BEAUTY ビューティー』
穏やかな味わいの「ビューティーブレンド」はあなたに笑顔をそして瞳には輝きをもたらします。シワは消え、まつげはぐんぐんと成長し男性は濃く艶やかな毛を手に入れるでしょう。この穏やかなブレンドはサイフォンやフレンチプレス、ドリップなどがおすすめです。
◆『HEART ハート』
あの伝説の“恋の特効薬”オリジナルレシピがこのミディアムローストされた「キューピッド」。毎日飲むことで心に平和を導きます。美しい月夜の晩に特別なあの人とシェアする一杯が、愛を芽吹かせることでしょう。エスプレッソ向き。
◆『POWER パワー』
このジャバジラブレンドはまさに怪獣のような力を授けてくれるパワーブレンド。朝の目覚めに、午後の活気付けに、残業時や、街を破壊したい時にも。フルボディで香り高いこの豆はエスプレッソやアイスラテなどにぴったり。

papa_coffeebeanspop.jpg
とまァ、こんな具合に洒落のめしています。声に出して読みながら、思わず噴き出す私たち。
書き手はもちろん、いつもジョークを欠かさないローシェさん(英語で書いて翻訳してもらったそうです)。ヒュー、快心の作! 
ちなみに「いま一番評判がいいのは、『BEAUTY』だよ」と満面の笑みでウィンク。分かる分かる、皺なくなっちゃう? じぁあ遅まきながら私も飲むかな。
『HEART』は、忘れていた恋心を想い出すにはいいかも。心に平和、そんな日が来ることを期待しましょう。
『POWER』のジャバジラのジラはゴジラのジラ(素敵な言葉遊び)、だということです。なるほど、街を壊したい衝動、時折ありますもんね。ううむ。

papa_coffeecup2020.jpg
豆の種類などを解説した“真面目な資料”はいま準備中とのこと。
私たちが毎回リクエストするとっても美味しいカプチーノやカフェラテを飲んでいるとき(珈琲の名前の語源になったカプチン僧のイラストを描いてくれたり、楽しくお喋りしながら)に勧められたので、まだ飲めていませんが、すでにすっかりお気に入りになってしまいました。

次回訪問した際には、やっぱり『BEAUTY』で、いや待て皺なくなり過ぎて誰だか気づかれないのもなぁ、それとも『HEART』でウキウキと恋気分でも楽しむか、『POWER』で元気をもらってこちらも冗句連発するか。とあれこれ迷う楽しさもありますね。それとも3つセットで買って、ドリンク前→ドリンク後 なーんて遊びに興じるのもアリ、かも。なんつって。

なお、珈琲豆200g購入すると、珈琲ドリンク1杯無料(イートイン・テイクアウトどちらでもOK)サービスがあります。心豊かになる珈琲時間をぜひどうぞ。

●『ジャバ メンテナンス クリニック(コーヒー豆)』
『BEAUTY ビューティー』980円/200g 『HEART ハート』1050円/200g  『POWER パワー』980円/200g  (※外税)
●「パパジョンズ 六角店」
 京都市中京区六角堺町東入堀之上町115  TEL075-211-1600  定休日/不定休  営業時間/10:30~20:00
 ※ブログ「パイ日和」では、こちらのお店の『キッシュ』&『ピザパイ』をご紹介しています。
※文中のリンクで飛んだ先のブログ「パイ日和」「パイ日和おまけ」ページは古い記事で、価格・商品の構成がその時点のものであることをご承知おきください。