パティスリー ミャーゴラ(4)ボンボンショコラ2種『AMIDAボンボン』『MIROKUチョコ』

京都、地下鉄・北大路駅から西へ15分ほど、大宮通の手前にあるのが「パティスリー ミューゴラ」さん。店主の奥山智浩くん、なんの後ろ盾もなく(ここ肝心)コンクールに出場して何回も入賞している凄腕、器用人。腕の冴えを見せる生ケーキの他に、少しチョコレートも作っています。
パティシエとしては一風変わった趣味というか、好きな物があります。そう、熱烈な仏像LOVER なのです。その想い抑えたがく、なんと仏頭の型を使ってボンボンショコラを作っているところがご愛嬌。
もしかしたら、古都のお土産物屋さんで、仏像型のチョコが販売されているかもしれません。が、それとこれでは天と地ほどの大違い。
まず、センス溢れるパティシェが作っているので味が全然違います。比較になりません。とても美味しいボンボンです。
それともうひとつ、仏像への深い愛があります。その愛があるからこそ、作りはじめたのです。名刹大徳寺の近くにお店を構えていますが、手っ取り早く京都らしさをアピールして話題になるために作っているわけではありません。商売のことは後回し。
さぁて、仏様の頭を貪るという罰当たりは、なかなかの痛快事、有り難い喜捨を受けるように美味しかったりして。ナンマイダ~。


●『AMIDAボンボン』 3.5×3.8cm 高さ2cm 10gほど。
miagola_amida.jpg
4月8日の花祭り(お釈迦様の誕生日)を愉しみに待つパティスリーは、全国でここ1軒かも。
このシリーズを拡充して、花祭りのメイン商品にしたいとのこと。といっても、直前になるとテンション下がりがちになる傾向があるらしく、わりと静かに並べているだけかもしれませんよ。
現在、カラメルソース(これは今回でおしまい)と抹茶の2品です。その他に、フランボワーズ、大徳寺納豆、蓮茶(または甘茶)の開発を予定。

◆『カラメルソース』(銅色)
フィノ デ アロマ社のマランタがカバーチョコ。オレンジピールが少し入ったカラメルソースを直接流し込んでいるので、普通の内側に収まる蓋ではソースが漏れ出してしまうので、やや大きな蓋で塞いでいます。
それが図らずも“光背”のようなお姿に。
おぉありがたや~カカオから流れ出すカラメルは、なんとも甘美。ピールは確認できませんでしたが、どこか華やかな風味があるような。マランタのカバーともよくあっています。美味しいっ。

◆『抹茶』(銀色)
同じマランタのカバーに、イボワールに京田辺の抹茶を練り込んだガナッシュを射込んでいます。ガナッシュということなので当然生クリームも入っているのでしょう。わりと堅めです。
抹茶のあたりがとても柔らかく、苦みが全くなく、香りだけが心地よく香ります。素晴しい。

阿弥陀と聞くと bonbon ボンボンが、“梵々”や“煩々”“坊々”に見えてくるから、あら不思議。凡愚で煩悩まみれの私たち、仏教文化とは日常無縁で過ごしているようですが、知らず知らず日本人のDNAに刷り込まれている物が多々あるのでしょうか。花祭りを期待しましょう。


●『MIROKUチョコ』  3.4×2.5cm 高さ1.8cm 10gほど。
miagola_miroku.jpg
これももちろん、仏像の頭の型です。無垢の型抜きシリーズ。
◆『パッション』
ヴァローナ社のフルーツクーヴェルチュール、インスピレーション使用。
ワオ! キュンとする酸味、南国の果実特有の人を惑わすような美味しさ。香りも活き活きと。口溶けは遅いですが、じわじわと旨味が広がるのも一興です。
◆『抹茶』
抹茶の風味、苦みがしっかり伝わってきます。ホワイトチョコの旨味も味わえ、しかも乳臭いような独特の風味が抹茶を邪魔することもありません。
◆『お濃い茶』
ほほぅ、濃厚でございます。お点前でドロドロのお濃い茶を飲みつぐのは、ちょっと腰が引ける人にも、これは楽しく気楽に濃い茶の愉しみが味わえます。一服の静けさよ。


miagola_shaka.jpg
他にも、マンジャリの型抜き『SHAKA 釈迦チョコ』もあり、如来様がお三方も顔を揃えています。浄土世界の阿弥陀、現世に生きた釈迦、未来の弥勒、と時間軸に沿って揃えているところはさすがです(間違ってる? 今度ご教示願います)。
そういえば、かなり大きなサイズの仏頭の型も飾ってありました。奥山くんは「チョコで型を取って、中に小さな仏頭のボンボンを入れて、ごろごろ出てくるのもいいかなぁ」って言ってましたっけ。
それって、まるで復活祭! 大きなチョコのお顔をとんとんと割って、ちいさなチョコのお顔がごろごろ出てくるなんて、ひゃあ!
まるでイースターエッグ。今年は4月12日なので、花祭りから復活祭へとなだれ込む? なんてね。仏様もキリスト様もびっくりでございましょう。

みうらじゅん&いとうせいこうの「見仏記」の大ファンの奥山くん(私たちも「見仏記」好き)。花祭りフェアにご両人が訪ねてくれたら大感激だろうね。仏像の話しがしたいそうなので、お好きな方はぜひ。
そうでない方は、チョコをどうぞ。きっといいこと、ご利益があるような。ほーら、だんだんそうなってくる、かなぁ。

●『AMIDAボンボン』@300円 『MIROKUチョコ(3個入)』450円  (※内税)
●「パティスリー ミャーゴラ」
 京都市北区紫野上門前町105-2  TEL075-204-5337 定休日/日曜  営業時間/10:00~19:00