W.ボレロ (ドゥブルベ・ボレロ)(16)『クグロフ』

滋賀県守山市にある「ドゥブルベ ボレロ」さんは地方の名店の先駆けのような存在。『アイアシェッケ』『洋梨のタルト』『マロンパイ』『ボンボンショコラ』などギフトの人気商品を多く持つことでも有名です。
ここに新たに食い込みそうなのが、今回ご紹介する『クグロフ』。誰からも愛される普遍的な美味しさのお菓子です(詳細に聞いていませんので間違っているでしょうアハハ、乞うご寛容)。

●『クグロフ』  径18.3cm 高さ10cm 900gほど。
wbolero_kouglof.jpg
おおーっ、大迫力! 壮観と言いたくなる姿に、この大きさ、重量。もうこれだけで、まずは大満足、のっけから参りましたぁと心の中で叫んでしまうほど。
さて。ブリオッシュのような醗酵生地を低温長時間醗酵で十分に熟成した旨味を抽き出しています。レーズン2種(グリーンっぽいのもあって3種?)を戻したものが入り、よくローストしたアーモンドをホールのまま練り込んでいます。
アルザスのスフレンハイム村の伝統工芸の陶器の型。これが大きくて生地が900グラムも入っています。
焼き上がりにおそらくグランマニエのような甘~い香りのするリキュールをアンビベし、ヴェルジョワーズを使ったヴァニラシュガーをまぶしているのでしょうか。
wbolero_kouglofcut.jpg
袋を開けると、陶然とするような甘やかな香り。ヴァニラとグランマニエ風と、キルシュ?(レーズンにほのかなアルコール感あり)そして、生地の風味。それらが渾然一体となってなせる業。食べる前からうっとり、にまにま~。はーっ。
しっとりはしているのですが、よく焼き切ったパサッとしたいかにもパンらしい食感もあり、醗酵の香りも豊か。優しい甘味とレーズンの甘酸っぱさが口に広がると同時に生地もゆったりと溶け出します。時折アーモンド一粒と出くわしますが、カリッとした弾ける食感とともに芳ばしい香りも勢いよく飛び出してきます。一旦濡れた生地に埋もれていたのに、ローストの華々しさがまったく失われていない。この爆発力が生地をより優しく包容力ある存在と意識させてくれますね。底生地のところはほろ苦く、ビターな感じが大人っぽくて素敵。
wbolero_kouglofpac.jpg
マリー・アントワネットが「パンがなければクグロフを食べればいいじゃない」と言ったと伝えられる逸話が有名ですが、たしかにおやつだけでなく食事にも使えるでしょう。とくに朝食に出せばリッチなお眼覚ましになりそう。とっても贅沢なモーニングですね。
質朴な力強さと華やかさを併せ持つ名品。驚きの美味しさがあると同時に食べ飽きない懐かしい優しさも秘めているのです。誰にでも喜ばれる美味しさ。まさにギフトにピッタリの安心の美味。
冷凍してもいいので、大きいけれど一年頑張った自分のご褒美にもいいし、贈り物にも最適。いつもながら、パッケージも素敵です。貰った人はそりゃあ喜んでくれるでしょう。クリスマスシーズンだから、誰かの喜ぶ顔が見たくなって、うずうず。なにからなにまで、お見事です。
wbolero_kouglofue.jpg
この日、クボタは渡邊シェフと大阪店で3時間近くもお喋りしてきたそうです。それがお菓子のことから離れっぱなし(おいおい)。店内に飾っている映画の1シーン(「ハーフ ア チャンス」)をきっかけに映画と音楽の話しに終始。
店名の“ボレロ”がクロード・ルルーシュ監督の「愛と哀しみのボレロ」から採られているのです(そうそう、ボレロ繋がりでいえば、映画のジョルジュ・ドン素晴らしいのですが、シルヴィ・ギエムの舞台を生で観たことがあって、こちらが好みではあります)から、シェフが仏映画ファンなのは分かっていましたが、3時間に渡って趣味の話しが出来る知識量、文化の理解度の深さに敬意を払いたくなりますね。私も人後に落ちない旧い映画好き。1枚加わりたかったなぁ。
フランス文化の理解ということもフランス菓子の創作力の背景に必要なもののはず。映画に限らず、音楽、文学、美術、演劇、あるいはバンドデシネのような世界でもいいかもしれません。若いパティシエたちにお菓子のことだけでなく、幅広く文化に触れて欲しいと願わずにいられません。
そういう大師匠が目の前にいても、最近の若い人たちは行動に移さないとか。一度面白さを知ればはまると思うのですけどね。もったいないっ!

●『クグロフ』3564円  (※内税)
●「ドゥブルベ ボレロ」
 ◆本店/滋賀県守山市播磨田町48-4 TEL077-581-3966  定休日/火曜、第1&3月曜  営業時間/10:00~19:00
 ◆大阪店/大阪市中央区瓦町4-7-4  TEL06-6228-5336  定休日/土曜、第1&3日曜  営業時間/10:00~20:00
※ブログ「パイ日和」では、こちらのお店の『パルミエショコラ』をご紹介しています。