かみ舎楽(1)『花椒おかき』『清見オレンジ七味おかき』『柚子一味おかき』

京都、嵐山は嵯峨公園近くで半世紀余り営まれている薬味のお店「かみ舎楽」さん。ただ辛さのみ追求するのではなく、気品溢れる香りを生み出す優れたブレンダーです。存在を知りながら、嵐山にはとんとご無沙汰で長らく買えずにいました。
先日、新大阪駅の土産物コーナーを物色していて、飛び込んで来たのが“かみ舎楽”の文字。オリジナルの薬味風味の『おかき3種詰合せ』があるではないですか(バラ売もあり)。激辛にはまったく興味はないのですが、香りには心惹かれるので、迷わず買いましたよ。
製造は埼玉の「喜多山製菓」さんなのだとか。揚げおかきの専門メーカーにOEMしてもらっているということでしょうね。

●『花椒おかき』  50g
kamisharaku_sansho.jpg
口にポイッと入れた瞬間、わぁ~なんていい香り!  引き込まれてしまいます。花椒、好きなんだよな。
米油でサラッと揚げられたサクサクッ食感の模範的なおかきが花椒の清々しい香りをまとって、そんじょそこらにない格別の味わいを創り出しています。
材料一覧を見ると、なにをこんなに? という程ずいぶん複雑な味付けがなされているようなのですが、食べた感じでは、少しもくどさはなく、むしろ気品を感じさせる清潔な味覚。スッキリきれいにまとまっています。
あっという間に食べ終わって、大袋が欲しくなりましたが、これくらいで止めるから品の良さを生み出しているのでしょうね。
花椒は麻婆豆腐で馴染みのある山椒ですが、麻の字が表す痺れの感覚は食べ終わって、かすかに感じられる程度。安心して香りを楽しめるおかきです。ほっ。

●『清見オレンジ七味おかき』  50g
kamisharaku_kiyomi.jpg
オレンジと蜜柑のいいとこ取りをしたような清見オレンジの皮を、陳皮の代わりに使った七味を使っています。
こちらは香りよりも辛さが前に出ています。キリッとした辛さが適度で、食欲を増進。こちらは味付けはシンプルに塩のみ。
ベースのおかきがしっかりしているので大人のスナックとして楽しめます。手が止まりません。お酒にも合いますね。

●『柚子一味おかき』  50g
kamisharaku_uzu.jpg
塩味のおかきに柚子一味のみというシンプルな作り。柚子がよく香っています。ほぅ、皮の味まで感じられるようです。えぐみがあるというのではなく、香りが良くて味まで感じられるような錯覚をもたらしている、存在感の強さがあるということです。
一味の鋭い辛味もいい刺激になっています。激辛にするのではなく、一般人の食欲を増進させるレベルに留めている抑制が利いています。

どれも薫りがいいですね。次回はおかきではなく、本来の柚子七味、柑橘系七味、ぶどう山椒などの京薬味が気になり出しました。
パッケージも素敵。インパクトのあるイラストでありながら、京文化、和の美を感じさせてくれます。こういうスナックのパッケージ、洋菓子屋さんも真似をすればいいのに。形を気にしなければ、食感と風味を長期保存できるのですから。パイのスナック欲しいなぁ。

●3種詰合せ箱『花椒おかき』『清見オレンジ七味おかき』『柚子一味おかき』1150円 (※外税)
●「かみ舎楽」
 京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町1  TEL 075-881-1500  定休日/水曜  営業時間/10:00~17:30