パティスリー オー フィル ドゥ ジュール(1)『マダガスカル』『ペカンキャラメリゼ』

福岡市中央区、市営地下鉄・桜坂駅から、はなみずき通(来店した日はちょうど満開!)を4分ほどのところにある「パティスリー オー フィル ドゥ ジュール Patisserie Au fil du jour」さん。吉開雄資さん(1980年生)のお店。2015年12月オープンです。
難しい店名ですが、師匠であるローラン ジャナン氏(5ツ星「ホテル ル ブリストル」内の3ツ星レストラン「エピキュール」のシェフパティシエ)の著書のタイトルから採られたもの。“パティスリーの流れゆく一日”という意味だとリーフレットに書いてありました。
1日のさまざまな時間帯それぞれのニーズに寄り添うことの出来る、ヴァラエティ豊かなお菓子を提供するという意気込みなのでしょう。たしかにこちらの気持ちを駆り立てるようなお菓子ばかりでした。

●『マダガスカル』  径5.5cm 本体高さ3.8cmほど。
aufil_madagascar.jpg
菓名から分かるように、マダガスカル産のヴァニラが主役です。昨秋、京都の「ミャーゴラ」さんのヴァニラ尽くしのタルト(絶品!)を食べたところだったので、迷わず選びました。
サブレを円盤状に底生地として使い、ムースを載せています。ヴァニラ風味のグラッサージュで覆われたヴァニラのムースの中には、ホワイトチョコのガナッシュ、ヴァニラを利かせたシロップを限界まで蓄えたスポンジ、ホワイトチョコのプラックが射込まれています。トップにホワイトチョコの空洞のボールとヴァニラの莢に銀箔キラリ。

“パイ日和”でご紹介した『ミルフィーユ バニーユ』につづきこれもヴァニラ尽くし。夢見るような甘やかな薫りの世界、ふうぅ~。ムースのベースがアングレーズなのでしょうか、ブリュレなどよりずっと大人しいのでヴァニラの存在がより目立っています。
全体に甘さは優しく、底生地のシュクレっぽいサブレが甘さを一番主張しているのは、ちょっとした驚きではありました。
なにより驚かされるのはスポンジに抱かせたシロップの量。信じられないほど溢れ出てきます。ムースの儚く消える食感を凌駕する奔流の感覚は、隠されたところから現れるだけに新鮮な覚醒感あり。素晴しい。

●『ペカンキャラメリゼ』 一粒3.3×2cm 厚み0.8cm 総量180gほど。
aufil_pecan.jpg
わぉ! 大量だあぁ。たーっぷりのピーカンピーカンピーカン! 
大好物なのに、ピーカンナッツ(ペカン)のお菓子は作っておられるところが少なく、とても珍しいので、思わずニマッ。
これはもう簡単でカジュアルなおやつ。よく煎ったピーカンナッツをカラメリゼ。京都のお土産で貰う豆菓子みたいね。
カリッコリッ、シャクシャク! カラメルをほんのり色づくレベルに軽く焦がしていることで風味が増し、皮付きのピーカンともども芳ばしく、景気よく弾けます。しかもけっこうヴァニラを利かしていて、甘い魅力が全開。

aufil_pecan2.jpg食感の小気味よさと相まって、止まらない止められない危険領域に陥るのが玉に瑕。
ピーカンが皮付きでかすかに渋みがあることで、余計に旨味が深くなり、飽きない美味しさになっているのでしょう。
止まらない食欲に応じるように、これでもかとたっぷりの量なので、さすがに途中で冷静さを取り戻さないと大変なことになってしまいますぞ。うーむ、一度にこんなに大量のピーカンを食べたのは初めて。
手間のかからないお菓子ということもあるのでしょうが、この豪気さには恐れ入りました。こちらは全般にお値段高めだと感じましたが、これはとても安い、超お買い得です。お見事です。

●『マダガスカル』658円 『ペカンキャラメリゼ』950円 (※内税)
●「パティスリー オー フィル ドゥ ジュール」
福岡市中央区桜坂1-14-9  TEL092-707-0130  定休日/水曜、不定連休あり  営業時間10:00~19:00
※ブログ「パイ日和」では、こちらのお店の『ミルフィーユ』『タタン』『チーズパイ』をご紹介しています。